リストラ対策 ちょっとだけ自己紹介

さて、ここまでお読みくださいましてありがとうございます。

社会に出たばかりでもいずれリストラは避けて通れない問題です。
会社の業績が悪ければ、また、あなたが40代、50代ならリストラは切実な問題でしょう。



あ・自己紹介が遅れました。

わたくし、鈴木しんや申します。

年齢は40代、職業は工場勤務、現在東北の片隅に住んでいます。

家族は妻一人、一男一女あり、です。
(プロフィールの写真は娘と一緒にとったものです)



大学を卒業後、小売業の会社に20数年勤務しました。

人さまのお役に立てる仕事ということで、仕事も気に入っており、このまま定年まで同じ会社で働くつもりでいました。
入社時は、会社の業績も伸びておりました。


   しかし・・・だんだん業績が・・・・


最初はボーナスがなくなりました。

次に給料です。

さらに店舗閉鎖です。

今まで自宅から近い店舗で働いていましたが、その店舗は閉鎖になり、往復で2時間、天気が悪いときには4時間以上もかかる遠隔地に転勤になりました。帰宅が深夜になることもたびたびでした。
早朝からの出勤もありました。

そうなると通勤だけで疲れ果ててしまいます。
疲労は慢性的になりました。
また、残業や休日出勤をしてやっと仕事をこなせる状態だったため、仕事のレベルも落ちてきます。

さらに、家族への負担も馬鹿になりません。
朝早く夜遅いのではかみさんが大変です。
また、共稼ぎのため、日中は子供を実家のおばあちゃんに預けていましたが、遊び盛りの子供を見るのはこれもまた大変です。

さらに、子供が病気がちだったこともあり、深夜に救急病院に行き、朝方帰宅、そのまま出勤ということもありました。


収入が減り、拘束時間が増え、自分と家族への負担も増えてしまった状況ですね。


そして、家族と相談した結果、ついに退社することに決めました。
20年以上働いた職場でしたがもうこれ以上は無理でしたから・・・
さて、問題はそれからです。

地元での転職先を探さなければなりませんでした。

ハローワークに通い、求人誌を読んで、人材派遣会社に入りました。
とりあえずはそこで働くことができましたが、まだ問題は残っています。

そのひとつがリストラ問題です。


今の職場でも雇用が不要になれば、即リストラです。

もちろん雇用保険はありますが、一時しのぎでしかありません。

さらに、体を壊したりしたらあっという間に失業です。

 
そんな時頼りになるのはお金だけなのです。
(もちろんお金だけだとは言いませんが、しばらくは何とかなります)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。